旧三笠ホテル

皆様、こんにちは。

この数日、めっきり秋、とうより冬めいてきた軽井沢ですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

先日恥ずかしながら初めて旧三笠ホテルを観覧してまいりました。

d0035921_16394493.jpg


d0035921_16402426.jpg


d0035921_1641712.jpg


堂々とした建物の顔です。
d0035921_16415754.jpg


こちらが正面玄関でしょうか。
d0035921_1643278.jpg


軽井沢の歴史を感じます。
d0035921_16441170.jpg


ホテル開業は1906年(明治39年)5月
1980年5月31日に「旧三笠ホテル」として国の重要文化財に指定され保護されています。
d0035921_16491632.jpg

建物は1905年(明治38年)に竣工した日本人の設計による純西洋風建築で、
また文化人財界人が多く宿泊したことから、「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれていたそうです。

玄関ホールから中に入ります。
d0035921_16542113.jpg


通される最初のお部屋は当時の資料が展示されています。
d0035921_1655394.jpg


当時としてはとても大きなホテルだったんでしょうね。
d0035921_1656547.jpg


内装もとてもハイカラです。
d0035921_1658018.jpg


建築様式はアメリカのスティックスタイル(木骨様式)、扉のデザインはイギリス風、
下見板はドイツ風、用材は小瀬のアカマツを現場で製材したそうです。
d0035921_16583936.jpg


天井もとても高いですね。
d0035921_1704026.jpg


そしてメインロビーへ。
d0035921_1712569.jpg


息をのむような美しさとはこのことでしょう。
d0035921_172322.jpg

当時こんな山奥にこんな素敵なホテルが建っていたことを想像するだけで
興奮します。

素敵な軽井沢彫りの家具の数々
d0035921_173945.jpg


d0035921_173534.jpg


当時の人々の息遣いまで聞こえるようです。
d0035921_17505.jpg


d0035921_1761483.jpg


d0035921_1782258.jpg


今度は2階へ行ってみしょう。
d0035921_1784376.jpg


客室は30室、定員は40名、宿泊料は一等が12円、二等が8円、三等が5円。
各客室を見ることができます。
d0035921_1793711.jpg


d0035921_17104641.jpg


当時の人々の優雅な避暑地での生活を想像します。
d0035921_1711763.jpg


d0035921_17115853.jpg


d0035921_17121997.jpg


男性用トイレは広すぎてちょっと落ち着かないですかね(笑)
d0035921_171247100.jpg


一等客室
d0035921_1714146.jpg


バスルームがついてました。
当時はとても贅沢な設備だったんでしょうね。
d0035921_17292075.jpg


見学して本当に良かったと思いました。
もし皆さんのなかで行かれてない方がいらっしゃいましたら、
ぜひ行ってみてください。
当時の人々の目線で軽井沢を見るという楽しみが増えるかもしれません。
d0035921_17314993.jpg






3160
[PR]

by royal-karuizawa | 2016-10-09 17:35 | 軽井沢 | Comments(0)