人気ブログランキング |

【上田】 信濃国分寺の八日堂大縁日

 毎日、寒い日が続いておりますがお変わりなくお過ごしでしょうか? 
 今年も私が見て体験した軽井沢周辺の情報をお届けしたいと思いますので、よろしくお願い致します<(_ _)>

 さてさて、今回は我が家の恒例行事『信濃国分寺八日堂大縁日』をご紹介いたします。

 信濃国分寺は軽井沢から少し離れた上田市にある天平13年(741)年に聖武天皇の勅願によって創建されたお寺です。
 こちらのお寺で毎年1月7日午後から8日にかけて『蘇民将来符』というお守りを授与していただけるのですが、それが『八日堂大縁日』です。

 蘇民将来とは?


d0035921_11044727.jpg

 こちらが、蘇民将来符です。
 蘇民将来とは、古代より日本各地に広まった蘇民信仰、蘇民説話に基くお守りです。蘇民将来という慈悲深い人にあやかって、このお守りをまつる家は厄災をのがれて代々繁栄すると伝えられています。信濃国分寺の蘇民将来符は五百年以上の伝統があり、格調の高いデザインと、地元民の手作業で作られているため全国的に有名です。蘇民将来は大小7種類ほどあり、七福神の絵を描いた蘇民も人気がありますとのこと。

 この蘇民将来符の授与は八日堂大縁日限定です。ただし、上の写真にある3寸サイズの物は常時、お参りした方に分けていただけるそうです。

 そう、様々な種類の蘇民さんはこの縁日の日しか頂けないという事で毎年非常に賑わっています。

d0035921_11044440.jpg

 参道の下から屋台が出て、お祭りムードいっぱいです。



d0035921_11044616.jpg

 大勢の方が参拝されてました。



d0035921_11044580.jpg

 境内にはだるま市も立ちます。こちらのだるま市には高崎市にある達磨寺のだるまも出店されてるそうで蘇民さんに負けず劣らずだるまさんも人気があります♪

 我が家も毎年、お参りしておりまして蘇民さんを頂くのが恒例行事となっています。蘇民さんを頂くと、「今年も始まったなぁ」という感じで気持ちが改まります。
 ただ、我が家の場合7日の午後に行くことが多くて今まで七福神が描いてある蘇民さんは見たことがありませんでした。(七福神蘇民さんは8日限定配布です)で、今年は8日に参拝したんですけど到着が遅くなってしまったので「もうないだろうな」と思っていたらめでたく七福神の蘇民さんを拝むことができました!
 ただ、おめでたい物に対して失礼なんですけど予算オーバーだったので(/_;)、拝見だけさせていただきました。
 そして、そんな罰当たりな(?)ことをしていたら自分が希望していたサイズの蘇民さんは売り切れてしまい、、、結局、我が家に来たのは3寸サイズの蘇民さんと家族の干支であるおさるのだるまさんでした。チャンチャン。


d0035921_11044397.jpg

 みなさんも機会がありましたら『信濃国分寺八日堂大縁日』におでかけされてみてください。

 SIee


by royal-karuizawa | 2016-01-11 12:18 | スローライフ | Comments(0)

                 スタッフが日々の出来事を紹介しております。